CHAPTER 5

​今後の活動。目標は?

――新シリーズ「BIKES AND GIRLS 365」を始めたきっかけは何ですか?

きっかけはHPのTOPページ用に“ハーレーと美女”的なテイストでロードバイクと女の子の組み合わせを3パターン描いたら意外と好評で、第二弾でMTBバージョンを描いたらこれも良いぞと!(笑)自転車って作画がすごく大変なんですよ。アニメや映画ならCGで作れますけど、僕は写真とイラストのハイブリットなんで取材やパーツの資料集めが苦労しますね。今のところは描きたいバイクかそれに近いタイプのモデルで走っている方を見かけた時にお願いして写真を撮らせてもらったり、イベントで展示されているバイクから描き起こしていますね。硬質なモチーフがあると女の子の柔らかさが際立つという表現手法的な部分もありますが、自転車の楽しさに女の子のカワイイを合わせたら最高なんじゃないか!? で始めてしまいました。Blanch Off展で季節をテーマにした回があってその時に本格的にスタートさせましたけど、バランスやシチュエーションが意外に難しくて、つい後回しになっていますね・・・(汗)頑張ります。

 


――最近多く見かけるあの“肌の照り”って何ですか?

オイルっていうのかローションスキンって言うのか、例のテラテラ表現ですね。最初はTOPページ用に描いたMTBイラストで水に濡れた感じを出そうと思っていろいろやっていたんですが、気が付くとオイルを塗ったみたいにテカらせると身体のラインが妙にエロく見える事を発見して、楽しくなってやっていたら意外とこのテの表現は出ていなかったので売りになるぞと思って塗っています。
微妙な身体の凹凸っていうか筋肉のラインが綺麗に見えるし、通常の状態で描いてからテカテカにするので、一枚のイラストで二度楽しめる感じですね。今は仕上がり具合を見ながら加減しているんですけど、アレやっぱりエロいですか?

変態ですね(笑) 



――GARAGEページで不定期連載している4コマ漫画も好評ですけど、やはり“マンガ家”としてデビューはしないんですか?

しません!(笑)4コマはBlanch Off展で自己紹介リーフレットを作った際に描いたのがきっかけです。文章よりマンガの方が見てもらえると思って描きましたけど、キャラクターのセリフや効果音等で今まで気にもしなかった部分にすごく計算された技術があって本当に最初から苦労しっぱなしでした。今はだいぶ慣れてきましたけど4コマって4枚のイラストを描かないと作品にならないから意外と大変なんですよね。だからマンガ家なんてなってみようとも、なれるとも思っていません。ですが、僕の世界観というかキャラクター性が描けるのは楽しいですね。突然ネタを思いつくと、ネームみたいなラフを描いて4コマでオチまでもっていけるかを考えて作画作業をするのはイラストにはない技量が勉強できて面白いですね。思い通りのオチを描けると本当に達成感がありますよ。だから続くのかな?

 


――コミケやデザフェスでメジャーデビューの予定は?

そういうお話しはよくいただきます。本当に有難いんですが、僕のイラストは回転率が悪いんです。商業ベースに載せられるほど早いスパンで描けないので、便宜上イラストレーターを名乗っていますが、ほとんど「画家」状態です。ただ、世の中の人に僕のイラストを見てほしいとは思っているので、今後もBlanch Off展やいろんな作家さんとコラボして、何か驚くようなモノを発表したいと思っています。いつか自分ひとりの発表会をするくらいビックになれば、その時はモデルさんに僕のデザインしたランジェリー風の衣装を着てもらう事だけは決めています(笑)それまでは日々勉強ですね。今後の勉強の成果?は僕のHP「Rising Blast」をチェックください!